無能な人間はいない。無能にされてしまう職場があるだけ。

無能な人間はいない。無能にされてしまう職場があるだけ。

『はてな匿名ダイアリー』という匿名日記に投稿された『無能と思われたら職場を変えたらいい』という記事。

素晴らしすぎて号泣…とまではいきませんでしたが、ウルウルして完全にドライアイが解消されました。

著者は社会人になって15年の間に5回転職、うつ病で休職や退職も経験してきたのだそうです。

スポンサーリンク

無能なわけではなく、その会社に合ってないだけ

冒頭には、こんなことも記されています。

結論から言うと
「会社で無能扱いされたら自分の能力を悲観するより、会社に合ってない」
と考えたほうがいい。

ここからは、そういう考えに至った
自分の職務経歴を書いていく。

超長文なのだが無能と言われて苦しんでる人に、
この言葉が届いたら良いなと思っている。

たぶん、君が輝く職場はどっかにある。

これ、匿名日記っていうのがすごいですよね。

SNSシェア数を見る限り何万人もの人に読まれているようですが、この記事書いた方は誰かから称賛されるのが目的でなく、本心で伝えてくださったわけです。

とある会社で『無能』扱いされてきた人が、別の会社ではキーパーソンとなり、そして今はこうやって顔も名前も知らない多くの人たちを勇気づけてくれている。

無能にされてしまう場があるだけ

そして、最後はこんな風に締めくくられています。

もし、今「無能」と言われて苦しんでる人がいたら
色々と動いてみたら良いと思う。

貴方を必要としている職場は確実にあるし、
楽しい職場もつらい職場もある。

無能と言われるような状況に身を置くのはやめたらいい。

大丈夫。無能な人間はいない。

無能にされてしまう場があるだけだから。

カッコ良すぎでしょ…あぁ、また涙が。

空気が乾燥した季節にはもってこいですね。

自信を失ってしまった方、超絶オススメなのでぜひ一度読んでみてください。

私はしばらく毎朝、こちらの記事を音読&写経したいと思います。

関連 会社で働けないなら、雇われずに生きればいい

スポンサーリンク

フォローする