田舎への移住も善し悪し。仕事で昼ドラ並みの泥沼にハマった話

田舎の像

いやー私、ここ数か月間実にモヤモヤしていることがあるんですよ。仕事のことで。

イライラ対処法の記事を書いたあたりからなんで、もう半年近く。

こちらの記事も、主に自分自身に向けて書いたものでした。

もう、あんまグチっぽいこと書きたくないんだけど、書いちゃう!ごめんね!

田舎の零細企業と仕事した結果

現在フリーランスで仕事しているわけなんですが、CrowdWorks
とかインターネット上で完結する仕事がメインなので、取引先は全国色んなところにあるわけです。

参考 会社で働けないなら、雇われずに生きればいい【実践した在宅ワーク一覧】

それがちょっと地元の零細企業と取引するようになったら、もう昼ドラ並みの泥沼ですよ。

ヤバイ、まじ田舎ヤバイ。

無償労働を強要される⇒断る⇒脅される

その会社にいわゆるタダ働きみたいなの頼まれたんで、「今後に繋がるなら」と思ってやってたわけです。

そしたらガンガンにエスカレートしていくし今後に繋がる見込み全然ないしだったので、「もうこれ以上は厳しいかも」ってやんわりお断りしたのです。

そしたらその会社、役所と完全に癒着してるところなので人脈チラつかせて脅してくるわけですよ。

中学生のとき「ウチの兄ちゃん暴走族だかんな!」って言ってるヤツいませんでした?そんな感じ。

しかも、それがいい年したクソジジイ中高年の間でも普通に成り立ってしまうのが、田舎のコワイところ。

役所がカネを撒く、商工会が天下り先を手配する、地方新聞が情報操作する。

マンチェスター・ユナイテッドも真っ青なチームプレイだよ!

田舎のキラキラしたイメージは皆無

田舎っていうとなんかキラキラしたイメージで語られることが多いですが、闇もかなり深いなぁと感じた次第です。

生活面では、近所の番長的なオバちゃんに嫌われたら一瞬で社会的に抹殺されるレベル。

田舎への移住が流行っているようですが、仕事をする場合はある程度匿名性のある都会の方がむしろ落ち着く場合もあるかなと思います。

もちろん地域性もあるしきっと本当にキラキラした田舎もあるのでしょうが、私の住む田舎はこんな感じです。