きちんと準備ができているところに、奇跡は起きるらしい

きちんと準備ができているところに、奇跡は起きるらしい

作家になって毎年1億円稼ぐ』というやたらスケールの大きいタイトルの本を読んでみたのですが、とてもいい学びがあったのでメモしておこうと思います。

↓以下、色が変わっている部分は引用です。

「ビジネスをしたいなあ。人脈があったらなあ」と言って、「そうなの? じゃあ、これから1時間後に孫正義社長をご紹介します」と言われたら、「ちょ、ちょっと待ってくれ! 紹介されても、何もできない」となるはずです。

「ブレイクしたい」と言っていてブレイクしていない人は、まだ準備不足というだけです。

著者である石井貴士さんは累計15万部を突破するベストセラー作家なのですが、さまざまな奇跡が重なって初めての出版が決まったのだそうです。

ただその奇跡が重なったときには完成原稿なども用意してあり、準備万端の状態だったのだとか。

奇跡は、起きるところに起きます。準備ができているところに、奇跡は起きます。

確かにうつ病で休職や退職をしてから、「あー、どこかにうつ病を隠さなくても雇ってくれるような会社ないかなぁ」なんて幾度となく思ってきましたが、実際に「お、じゃぁウチで働く?働いちゃう?」なんて突然言われたら、今でも焦っちゃいますからね。

もしかしたら今までも、自分でも気づかぬうちに色んな奇跡が通り過ぎていったのかもしれないなぁ…もったいない!

環境のせいにする前に、きちんとできる準備はしておこうと身が引き締まる思いでした。

スポンサーリンク

フォローする