うつ病の症状は気分の落ち込みだけではない。見落としがちな体のサイン

うつ病の症状は気分の落ち込みだけではない。見落としがちな体のサイン

うつ病の症状と聞いてまず浮かぶのが、「気分が落ち込む」「食欲がなくなる」「眠れない」などの症状ではないでしょうか。

しかし、他にも様々な形で体はSOSのサインを出しているのです。

今回はその中から、私自身が見落としてしまっていたうつ病のサインを3つご紹介します。

スポンサーリンク

症状1. 思考力の低下、物忘れ

最初は思考力の低下を感じていたのですが、「疲れているのかなぁ」なんて軽く考えていました。

しかし時が経つにつれて、物忘れも頻繁にするようになり、「若年性アルツハイマーなのでは?」と心配になるくらいにひどくなっていきました。

仕事で電話応対をしていても、相手が名乗った直後にその名前を忘れてしまったり、名前をメモしようと思ってもカタカナが出てこないような状態が続いたので、慌てて病院へGO!

大学病院で脳のスキャンまでしてもらいましたが、特に脳の異常はありませんでした。

結果、適応障害と診断され休職することになり、その数か月後にはうつ病と診断されました。

医師によると、思考力・集中力の低下や物忘れも、うつ病の症状として挙げられるそうです。

症状2. 肩こりや体の痛み

以前は肩凝りとは縁の遠い人間でしたが、物忘れと並行してやたらと凝るようになってきました。

その後首も凝るようになり、ずっと湿布を貼り続けていないと座っているのもツライ状況が続きました。

体の痛みも感じるようになり、ひどいときは全身筋肉痛のような状態で歩くのも辛いほど。ピーク時は、週に3回ほど整体やマッサージに通っていました。

出費がハンパなかったですが、仕事で体がもたないので覚悟して通い続けていました。

その後休職中することになり、本などでうつ病について調べていく中で、首や肩の凝りや体の痛みもうつ病の症状のひとつであることを知りました。

うつ状態が改善されていくと同時に体の痛みも消えていったので、心と体の関連性の深さを実感しました。

スポンサーリンク

症状3. アルコール依存

元々飲み会以外でお酒は飲まなかったのですが、1人で自宅で飲むようになりました。

最初は缶ビール1、2本程度だったのですが、徐々に量が増えていきピーク時は毎日6本以上飲んでいました。

後で調べてみたところ、アルコール依存とうつ病は医療現場で『ニワトリが先か卵が先か』と例えられるくらいに密接な関係があるのだそうです。

うつ病とアルコール依存の密接な関係性
不安を和らげるために、ついつい手が伸びてしまうアルコール。なかなか寝つけなくて、早く眠りにつくために飲んでしまうこともあるか...

さいごに

自身がうつ病になるまでは自分とは関係のない病気だと思っていましたし、知識も全くありませんでした。

しかし今強く思うのは、「うつ病に縁がないと思い込んでいる状態が1番キケン」だということです。

他人事と思わず、体の異変を感じたら一度医療機関に相談してみてくださいね。

スポンサーリンク

フォローする