電通の鬼十則と裏十則。「死ぬくらいなら辞めれば?」ができない理由。

電通の鬼十則と裏十則。「死ぬくらいなら辞めれば?」ができない理由。

広告大手代理店である『電通』に勤めていた24歳の女性社員が、過労を苦にして自ら命を絶ちました。

電通では4代目社長によって1951年につくられた『鬼十則』という行動規範が、社員手帳に掲げられているのだそうです。

スポンサーリンク

電通の『鬼十則』

  1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。
  2. 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。
  3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。
  4.  難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
  5.  取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。
  6.  周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。
  7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
  8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。
  9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。
  10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。

引用元: http://www.nozomu.net/

5番目の項目には、『取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。』とも書かれています。

鬼十則のパロディ『裏十則』

電通には、鬼十則のパロディとして社員がつくった『裏十則』というものもあるそうです。

  1. 仕事は自ら創るな。みんなでつぶされる。
  2. 仕事は先手先手と働きかけていくな。疲れるだけだ。
  3. 大きな仕事と取り組むな。大きな仕事は己に責任ばかりふりかかる。
  4. 難しい仕事を狙うな。これを成し遂げようとしても誰も助けてくれない。
  5. 取り組んだらすぐ放せ。馬鹿にされても放せ、火傷をする前に…。
  6. 周囲を引きずり回すな。引きずっている間に、いつの間にか皆の鼻つまみ者になる。
  7. 計画を持つな。長期の計画を持つと、怒りと苛立ちと、そして空しい失望と倦怠が生まれる。
  8. 自信を持つな。自信を持つから君の仕事は煙たがられ嫌がられ、そしてついには誰からも相手にされなくなる。
  9. 頭は常に全回転。八方に気を配って、一分の真実も語ってはならぬ。ゴマスリとはそのようなものだ。
  10. 摩擦を恐れよ。摩擦はトラブルの母、減点の肥料だ。でないと君は築地のドンキホーテになる。

引用元: www.nozomu.net

これ以上尊い命が失われぬよう、鬼十則の代わりにこちらの『裏十則』が手帳に掲げられることを願うばかりです。

もちろん全てを否定するつもりはないですが、『鬼十則』がつくられた60年以上前とは、人も社会も状況が大きく変わってきています。

電通では1991年にも過労自殺が起きていますが、鬼十則にあるように『摩擦を怖れ』ず、『八方に気を配って』、『先手先手と働き掛けてい』ったら、悲劇は繰り返されなかったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

歴史は繰り返されてしまうのだろうか

電通だけでなく、他の企業でも同じ歴史が繰り返されているようです。

ある大手英会話教室では、当時22歳だった女性講師が平成23年に過労自殺をし労災認定を受けています。

過労自殺をしたのは、入社して約3か月後のことでした。

こちらの英会話教室には私の身内も勤めていたのですが、まさにニュース等で報道されていた通りの勤務実態で、入社して2か月で10kg以上体重が落ちたのだそうです。

そしてそれは、女性講師が過労自殺した後の話です。

「死ぬくらいなら辞めれば?」ができない理由

最後に、先日Twitterで見つけたツイートを載せておきます。

「死ぬくらいなら辞めればいいのに」と不思議に思う方には、ぜひ見ていただきたいです。

私は20代前半で適応障害(その後うつ病)と診断され休職したのですが、休職してしばらくの間も会社に『洗脳』されたような状態でいました。

もし身近な人の様子がおかしいと感じた場合は、一声かけいただくとひとつの命が救われる結果となるかもしれません。

スポンサーリンク

フォローする