会社で働けないなら、雇われずに生きればいい【実践した在宅ワーク一覧】

会社で働けないなら、雇われずに生きればいい【実践した在宅ワーク一覧】

在宅ワークしている様子

うつ病で休職しているとき、そしてその後しばらく無職だった時期、常に仕事とお金のことについて頭を悩ませていました。

「このままじゃお金が尽きてしまう」「この先ずっと働けなかったらどうしよう」

そんな不安を抱えながら焦って復職し、その後少し回復しては悪化するような状態を繰り返していました。

「もう一生、普通に会社で働けないのだろうか…」

そんなことをグルグル考えてたどり着いた結果、 あるシンプルな答えにたどりつきました。

スポンサーリンク

雇われない働き方

それは、「会社で働けないなら、雇われなければいい」ということです。

会社に雇われずに生きる方法もあるはずだと思い、インターネットや本で調べながら考えました。

そしてこれまで、未経験の状態からWebライターネットショップ運営などあらゆる手段を試してきました。

元々文章を書くのが得意だったわけではないのですが、今では時給換算して3,000~4,000円ほどのライティングの仕事もいただけるようになりました。

その他、実践してきた在宅ワークについてはこの記事の下の方でご紹介していますので、よろしければご覧ください。

働く場所は会社だけではない

会社で働けない≠人生の終わり

在宅ワークをしている女性

その後開業届を提出し、現在は個人事業主として他にも自分のペースでできる仕事に挑戦し続けています。

収入源が複数あった方が安心できますし、新しいものに挑戦し続けていると自分の可能性がどんどん広がっていく感じがするのです。

一般的には会社勤めをしていた方が安心なのでしょうが、 私は今の働き方を選んで正解だったと感じています。

会社で働けないからといって、人生が終わりだなんてことは全くなかったのです。

会社で働けない≠社会不適合者

適応障害やうつ病になってから、自分のことを『社会不適合者』だと思ってました。

確かに会社勤めがうまくいかなかったのは事実なのですが、無数にある会社のうちたかだか数社でうまくいかなかっただけで『社会不適合者』だなんてひとくくりにできないよな、と今は思います。

会社で働けなくても個人事業主としては働けていますし、取引先とも良好な関係性を築けています(もちろん、たまにイラっとする業者もいますが)。

もしいくつかの会社でうまくいかなかったとしても、自分が『社会不適合者』なのではなく、その会社が『オレ不適合社』だったと思っておくくらいがちょうどいいんじゃないかなと感じています。

会社で働けない≠働く能力がない

以前は、「会社でまともに働けない人間が起業なんてできるはずない」と考えていましたが、「会社で働けない」のと「働く能力がない」のは全くの別物だと今は思います。

それぞれの人が、それぞれ輝けるフィールドを持っていると思うのです。

メジャーリーガーのイチロー選手も、高校時代はピッチャーとして活躍していましたが、交通事故で速い球が投げられなくなり、結果として打者としてプロを目指すことにしたのだそうです。

もしそのままピッチャーであることにこだわっていたら、あるいは野球自体を辞めてしまっていたら今のイチロー選手はなかったのでしょうね。

スポンサーリンク

実践した3つの在宅ワーク

私が実践した中で、比較的短期間で収益化できた在宅ワークを3つご紹介します。

よろしければ参考にしてみてください。

1. クラウドソーシング

ランサーズのトップページ

ランサーズ』というクラウドソーシングで簡単な文章作成の仕事を受けていたのですが、受注から納品まで全て在宅でできたので大変助かりました。

ランサーズでは、文章作成やデータ入力、ロゴデザインなど、さまざまな仕事を個人で受注することができます。

未経験OKの仕事も多数あり、気分がのっているときに自宅で無理なく働くことができたので徐々に自信を取り戻すことができました。

中にはランサーズでWebライターを始めて、4か月で月20万円に到達した方もいます。

2. ネットショップ

BASE(ベイス)

BASE(ベイス)のトップページ

多くのネットショップは月額利用料がかかりますが、『BASE(ベイス)』では初期費用や月額利用料無料でネットショップを開設することができます。

商品を仕入れたりしなくても、ハンドメイドアクセサリーなども販売することができるのでおすすめです。

私は家族や友人が作ったものを代行出品したり、近所の量販店で購入したものを転売したりしていました。

ココナラ

また『ココナラ』では、相談サービスやアドバイスなどスキルを販売している方も多くいて、在庫を持つことなく運営ができます。

また自身がサービスを受けることもでき、弁護士による無料法律相談サービスなどもあるので、ショップ開設予定がなくても登録しておくと心強いかもしれません。

3. ネットオークション

私は『ヤフオク』を利用していましたが、出品者と落札者間のトラブルが少なくない様子でしたので、気分が落ち込みやすいときや攻撃的になりやすいときは控えた方がいいかもしれません。

また月額利用料もかかるので、継続的に売買するのであれば上記のネットショップの方がおすすめです。

さいごに

私の場合は自分にできないことを排除していってたどり着いた道なので、決してポジティブな動機とはいえません。

しかし結果的には、『普通』であることを捨ててよかったと感じています。

自分にできることに目を向けず『普通』に縛られ続けていたら、できないことばかりが増えていく一方だったと思います。

他人の目を気にせず自分にできそうなことからコツコツ積み重ねていく働き方、生き方もあっていいのではないでしょうか。

皆さんが自分らしく輝ける場所が見つかるよう、心から願っています。