低気圧で体調不良・気分が落ち込んだときの対処法

低気圧なときの空

まさにこの記事書いてる今、怒涛の低気圧が押し寄せております。

低気圧のときって、なんだか体調が悪くなって気分もドヨーンとするんですよね。

私の体験に基づくものですが、これまで低気圧のときに試してきた対処法を4つメモしてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

低気圧のときの対処法 4つ

1. シャワーやお風呂で体を温める

これはかなり効果的!ちょっと熱めのお湯を浴びると、体がシャキッとする感じがします。

体がだるかったり気分が落ち込んだときって、お風呂さえもめんどくさかったりするのですが、ちょっとがんばって入ってみると身も心もスッキリすることが多いです。

これは後から分かったことですが、低気圧のときは血管の圧力も弱まり、わずかに血行が悪くなるのだそうです。

シャワーやお風呂で体を温めるのは、意外と医学的にも効果的な方法だったのだなぁと我ながら感心しました。

2. なるべく明るい場所で過ごす

低気圧のときって曇りや雨のときがほとんどで、外も薄暗いときが多いですよね。

暗い場所だと神経伝達物質であるセロトニンも分泌されづらいそうなので、なるべく窓際で過ごすようにしています。

セロトニンとは精神を安定させる役割がある神経伝達物質で、うつ病の人の脳の中ではこのセロトニンが非常に少なくなっていると考えられています。

元々少ない状態なのに、さらに分泌されにくいんじゃそりゃ調子悪くなりますよね。

うつ症状が冬に限定されて生じる『冬季うつ病』も、日射量不足が原因であると言われています。

急に気分が落ち込むのは、季節や気圧が原因なのかも
曇りの日や雨の日、つまり低気圧のときになると気分が落ち込むという方もいらっしゃると思います。うつ症状が冬に限定されて生じる冬季うつ病もあるくらいですので、日照時間が短くなる冬という季節が一因なのかも。「天気やら季節のせいなら仕方ないか」と一旦冷静になって身近な人や病院などを頼ってみてくださいね。

日中でもあまりに暗いときは、いっそのことカーテンを閉めて部屋の電気つけるなどして対応しています。

高照度光療法用のライトも販売されているくらいなので、光ってかなり大切なんでしょうね。

3. 筋トレする

「体調悪いときに筋トレなんかできるか!」と怒られそうな気もしますが、これもセロトニン対策です。

適度な運動をすると、セロトニンが分泌されやすくなるのだそうです。

「体調が悪いわけではないけど、なんかモヤモヤするなぁ~」というときは、5分だけでも筋トレしてみると結構スッキリします。

4. 寝る

どうしても辛いときは、寝るのが一番!

日中に寝ると夜寝られなくなるかな~とも思ったりもしますが、そんなのはそんとき考えようぜ!と自分に言い聞かせて寝ます。

このときスマホをベッドに持ち込むと、永遠とネットサーフィンの渦にハマり込む場合が多いので、手が届かないところに放置しています。

低気圧への対処法まとめ

気圧の変化って自分じゃどうしようもないですし、気分が落ち込んだら気圧のせいにしてサッサと逃げちゃうのが一番だなぁと思います。

↑お医者さんだって、こんな風に言ってますし。

うつ病のときにおすすめな気分転換の方法は、こちらの記事にまとめていますのでよかったら読んでみてくださいね。

お金がないときにおすすめな気分転換の方法5選
私が実践してきた、なるべくお金をかけずにできた気分転換の方法を5つ紹介します。「うつ病のときは趣味に没頭してみるといいですよ」なんて聞きますが、お金の問題もあってやりたいことができなかったりもしますよね。私は負の思考が渦巻いてしまっているときは、なるべく別のことで気分転換するようにしていました。
タイトルとURLをコピーしました