うつ病のとき昼夜逆転してしまうのには大切な意味があった

うつ病のとき昼夜逆転してしまうのには大切な意味があった

昼夜逆転している犬

うつ病や適応障害で療養中のとき、なぜか自然と昼夜逆転してしまっていました。

昼間はなんだかダルくてモーレツに眠いのに、夜になると妙に頭が冴えてきます。

これじゃイカン!と思って病院で睡眠薬を処方してもらっても、全然効かなくて頭がフラフラするだけだったり。何が原因なんでしょうか。

「実は、人間は本来夜行性の生き物だったのでは…?!」なんて思いながら、調べてみることにしました。

スポンサーリンク

昼夜逆転してしまう理由

精神科医の泉谷閑示氏は、うつ状態のときの昼夜逆転について次のように説明しています。

(引用元: diamond.jp)

日中は、世の中全体が活発に動いている時間であり、人々は皆、仕事や学校に出かけ、有意義な活動をしている時間です。

そんな時間に、「うつ」の療養で自宅にポツンといる自分。

ただでさえ「うつ」によって無力感を感じ自己否定的な気分があるところに、日中起きていて、状況的にも世の中に取り残されたような感じがしたり、自分が無価値な感じを抱いたりしやすいことは、想像に難くありません。

うーん、思わず頷いてしまいます。納得。

確かに日中は「今頃みんな働いてんだよな…」なんて考えて、余計憂うつになったりします。

実はこのブログのアクセス数も、休日より平日の方が多いんです。

うつ病関連の記事がメインのブログなので、平日だと特に検索などで訪れてくれる方が多いのだと思います。

逆に、夜や深夜の時間は、世の中のほとんどが活動を休止する時間ですから、クライアントにとってはあまり精神的に委縮することなく過ごしやすい時間でしょう。

昼夜逆転をしてしまうのは、無意識のうちにストレスを避けて『心の療養をしやすい状態』にしていたのですね。

「うつ」の状態にあるような時には、現代社会が求めてくる価値観から自分を眺めるよりも、「病気」や「症状」が何か大切な働きをしてくれているのではないか、と、しばし立ち止まって、視点を変えてみることも大切なことなのです。

「昼夜逆転にも大切な働きがあったんだ」と分かっただけでも、スッキリしますね。

一般的に規則正しい生活は大切なことでしょうが、それがなかなかできずに悩みの種になってしまうようなら本末転倒ですよね。

スポンサーリンク

さいごに

また、精神科医の西多昌規氏は著書『「昨日の疲れ」が抜けなくなったら読む本』の中でこう説明しています。

まどろみながらベッドにいるだけでも、休養効果があります。

浅い睡眠でも休養効果はあることがわかっています。

「ひと晩くらい寝不足でもなんとかなる」という、楽天的な考えを持つのも、大切な心構えです。

もしどうしても昼夜逆転を直せないのであれば、きっとそれは心と体がそのリズムを求めているサイン。

今はこのリズムが必要な時期なんだと考えて、深刻になり過ぎないようにするのも必要かもしれませんね。

▼今回参考にした本▼

▼関連記事▼

不眠症、夜眠れないときの対策に!寝つきを良くする方法3選
以前「うつ病のとき昼夜逆転してしまうのには大切な意味があった」という記事を書いたことがあるのですが、そんなこといわれても気になるもん...