うつ病のときにおすすめな気分転換の方法5選

うつ病のときにおすすめな気分転換の方法5選

うつ病中の気分転換イメージ画像

うつ病のときは趣味に没頭してみるといいですよ」なんてよく聞きます。

でも療養中で仕事ができないときは、お金の問題もあってなかなかやりたいことができなかったりもしますよね。

そんなときに私が実践してきた、なるべくお金をかけずにできた気分転換の方法を5つご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

1. 読書する

読書にはストレス解消に効果あり

イギリスのサセックス大学の研究結果に、とても興味深いものがあります。

読書、音楽鑑賞、1杯のコーヒー、テレビゲーム、散歩。

この5つそれぞれのストレス解消結果を心拍数などをもとに検証したところ、一番効果が高かったのが読書だったのです。

各項目のストレス解消度は次の通りです。

  • 読書 68%
  • 音楽鑑賞 61%
  • 1杯のコーヒー  54%
  • 散歩 42%
  • テレビゲーム 21%

テレビゲームと比べると、読書の効果は実に3倍以上。

また、静かな環境で読書を行えばわずか6分間でストレス解消の効果が得られ、即効性があることもわかったのです。

新しい発見やヒントが得られる

本って物質的には紙なのですが、偉人が残した言葉や知恵が詰まっていて心が救われることが多々ありました。

自分が悩んでいることって、大抵同じようなことで悩んでいる人が既にいて、本の中に解決のヒントを残してくれているんですよね。もちろん細かいシチュエーションは異なるのですが。

そのヒントを自ら探しに行くのが、読書という行為だと思うんです。

自分なりに選んでアレンジして活用

同じテーマの本でもそれぞれ主張異なったりするのですが、それを自分なりに選んでアレンジして活用するのがおすすめです。

本の内容を鵜呑みにしてその通りに行動するのではなく、自分なりにチョイスしていくとなかなか面白いなぁと思います。

こちらの記事に、うつ病のときにおすすめの本をまとめてみましたので、よろしければご覧ください。

うつ病療養中におすすめな本まとめ【シチュエーション別】
これまでこの『うつノート』の中で、うつ病や適応障害のときにヒントをくれそうなおすすめの本をいくつかご紹介してきました。これま...

2. 資格試験の勉強や在宅ワークをする

少し元気があるときは、資格試験の勉強をしていましたが、こちらも気持ちを紛らわすのに効果的でした。

新たなキャリアアップに繋がる実感が持て、焦りや不安を和らげることができました。

また在宅ワークで軽作業などもしていたのですが、頭を使わずに黙々とできる作業に没頭することで、気持ちをリセットすることがもきました。

私が実践してきた在宅ワークは、こちらの記事にまとめています。

会社で働けないなら、雇われずに生きればいい【実践した在宅ワーク一覧】
うつ病で休職しているとき、そしてその後しばらく無職だった時期、常に仕事とお金のことについて頭を悩ませていました。「このままじ...

3. 動画配信サービスでドラマや映画を観る

無料体験だけでもいい気分転換に

動画配信サービス(Amazonプライム・ビデオなど)では、無料体験を実施しているところが多いので、1つずつ試していくと長期間ドラマや映画を楽しむことができます。

引きこもり生活の強力な味方『Amazonプライム』のメリット3選
世の中色んなサービスが溢れているわけですが、うつノート管理人がこよなく愛するのはAmazonであります。もはやAmazonプ...

映画やドラマで凝り固まった思考をリセットしたり、登場人物の言動から思わぬヒントをもらえたりもします。

本などとは違い、「何もする気力がない…けど何かしていないと負の感情ばかりがわいてきてしまう」というときでも、ベッドで寝ころびながらスマホで観ることができるのでおすすめです。

YouTubeをおすすめしない理由

同じ動画でも、YouTubeはあまりおすすめできません。

YouTubeには暴力的な動画やゴシップネタも含まれており、気分が落ち込んでいるときはついつい引き寄せられてしまいます。

個人的には、映画やドラマは観終わったときに充実感を得られましたが、YouTubeは自己嫌悪を感じることが多かったです。

スポンサーリンク

4. 外出しないときでも身だしなみを整える

1日家にいるときでも、きちんと髪型をセットして外出用の服を着てみるとシャキッとすることが多かったです。

コスプレが好きな人がコスチュームを着ると自信がみなぎってくるのと似ていて、身に着けるものは意外と心と関係しているのだと思います。

また、精神科医の西多昌規氏も著書『「昨日の疲れ」が抜けなくなったら読む本』の中で、「おしゃれに気を遣う方が元気になる」と説明しています。

5. 断捨離しながら不要なものを売る

なんだか時間をムダにしている気がして焦ってしまうとき、部屋の片づけをして不要なものを売っていました。

部屋も心もスッキリしますし、お金の不安があるときに多少の臨時収入が入ってきて気が楽になりました。

「今日は気合い入れて大掃除するぞ!」と意気込むとハードルが高くて結局やらずに終わることが多かったので、「5分だけやってみよう」くらいの気持ちで取り掛かるようにしました。

一度取り掛かると夢中になって、5分だけのつもりが1時間ほど経っていることも多かったです。

さいごに

私はグルグル負の思考が渦巻いてしまっているときは、なるべく別のことで気を紛らわしてみるようにしていました。

また何かいい気分転換方法を試したら、随時ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

フォローする